薄毛の原因は年齢だけじゃない!「育毛シャンプーで頭皮ケア」

男性

薄毛の原因を調べる

薄毛に悩んでいる人は、むやみに育毛剤を購入するのではなく専門クリニックを受診し原因を調べましょう。ストレスが原因の場合はストレスを解消する事で改善されることもありますが、AGAの場合はAGA治療が必要になるります。そのため、原因を追求し原因に合った治療方法を調べてみることが大事なのです。原因がわかれば、予防や対策もしやすくなります。

髪の毛

予防するなら育毛シャンプー

頭皮ケアをし薄毛を予防するのであれば、育毛シャンプーを使ってみましょう。育毛シャンプーには、髪の毛の成長に必要な栄養素が含まれているため、健康的な髪を育てることができます。また、頭皮の血行を良くする効果も期待できるため頭皮のコリも改善することができるでしょう。
育毛シャンプーだけでは不安・・・という人は、大阪にあるエステを利用してみましょう。頭皮の状態を整える施術を行なっているため、薄毛予防には最適です。

育毛剤と育毛シャンプーの違い

育毛剤

育毛剤は、薄毛の原因にもあるホルモンの過剰分泌を抑える働きがあります。ホルモンバランスを整えることで、髪の毛が抜けるのを抑えることができ薄毛を防ぐことができるのです。

育毛シャンプー

育毛シャンプーには、ホルモンを抑える働きはなく頭皮の状態を整え髪の毛の成長に必要な栄養素を補う働きがあるたため、薄毛を予防する方法に最適です。育毛剤と育毛シャンプーを両方使う事で、相乗効果も期待できます。

育毛シャンプーを使うなら髪に悪影響を与える習慣はやめよう

育毛シャンプーを使って薄毛ケアをしても、育毛に悪い影響を与える習慣を行なっていれば効果を実感することはできません。そのため、育毛シャンプーを使うのであればやめるべき生活習慣を知っておきましょう。

育毛シャンプーの効果を半減させる行動

育毛サイクル

過度なダイエットや偏食

過度なダイエットや偏食を続けていると、髪の成長に必要な栄養素をしっかり補うことができないため育毛シャンプーを使っても効果は実感しにくいと言われています。髪の毛の栄養不足は、頭皮の血行不良が主な原因になるため、育毛をするのであれば栄養バランスの整った食事をしましょう。

カラーリングやパーマ

頭皮と髪を同時に痛めてしまうカラーリングやパーマは、薄毛に悩んでいるのであれば直ぐにやめたほうが良いでしょう。頭皮にダメージを与えてしまうと、髪の毛が弱ってしまい育毛シャンプーを使っても抜けやすくなってしまいます。

不適切なヘアケア

ブラシで髪を強めに引っ張る・夜髪を洗わない・頭皮をゴシゴシ洗う・リンスを頭皮に塗るといった方法は、間違ったヘアケア方法のため直ぐにやめましょう。このような方法を続けていると、逆にダメージを与え続けてしまい、髪の毛の成長を妨げてしまいます。

健康的な髪を生やすなら頭皮ケアはしっかり行なおう

薄毛が気になるという人は、まずは育毛シャンプーで頭皮をしっかりケアしてあげましょう。頭皮が硬くなっていると、血行が悪くなり髪の毛の成長に必要な栄養が届かなくなってしまいます。

[PR]
育毛剤の口コミを確認
ランキングを参考にしておこう

[PR]
増毛が頭皮に与える影響とは?
髪の悩みを解消したいなら必見!

広告募集中